2024年01月31日

2023年度精神保健福祉ボランティア養成講座が始まりました。

ボランティア講座@.jpgボランティア講座A−1.jpgボランティア講座Aー2.jpg
2023年度精神保健福祉ボランティア養成講座1日目が開催されました。
今年度はたくさんの方々にお申込みいただき、初日は29名参加されました。
 
午前中は土井理事長より「社会福祉法人絆の会ってどんな法人?」と言う演題で講義を
行いました。
ひとつの喫茶店から始まった人の集まりが、いつの間にかこんなに大きな輪になった裏側で
たくさん話し合って、話し合って今の絆の会があること、絆の会の歴史、理念、4本柱、
ボランティア、1つ1つの話にうなずき、熱心にメモをとられていました。
 
午後からは川中島Fメンタルクリニック医師の福家知則先生を講師にお招きし、
「精神疾患の理解と関わり方の実際〜私自身が何を考えながら患者さんと接しているか」
と言う演題で講演いただきました。
「向き合うのではなく、同じ方向を向いて歩んでいくこと」、「話をする中でうまく共感が
できた時は「そうなんです」と言う言葉がでてくる」と言う話に、なるほどと感銘を受け
た参加者の皆さんでした。
病気のことだけでなく、日々の診察を通して先生が感じていること、熱い思いをわかりやすく
お話していただきました。時には笑いもあり、先生のお人柄がにじみ出たとても和やかな雰囲気の
中での講演でした。
 
講座1日目終了後の参加者の皆さんの感想です。
「絆の会は何となく知っていたが、これまでの歴史がわかった。」
「ボランティアの大切さがわかった。私たちみんなでと言う話が印象的だった」
「相手が「そうなんです」という返事が来るような会話をしてみたいと思った。」
「向き合うではなく、同じ方向を向くことを今一度心にとめておきたい。」
「知らないうちに自分だったらとアドバイスをしてしまっていた。」
「精神障害者の方は常に生きづらさを感じている。先生の話を聞いて、元気になった。」
 
初日から1日を通しての長い講義になりましたが、最後まで熱心に話を聞き、メモをとる参加者の
皆さんの姿がとても印象的でした。
 
(絆の会地域生活センター 大西)
posted by 絆の会 at 16:43 | TrackBack(0) | 日記
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/190757783

この記事へのトラックバック