2022年03月27日

自然と助け合う精神の尊さ

image_16900865.JPGimage_16832001.JPGimage_16881921.JPG
今日はクレール篠ノ井本年度最後の行事、第2回お散歩ビンゴを行いました。

前回本堂さんが疲れてしまったということで、時間を減らし、本堂さんを先頭に自分のペースで歩いてもらうようにしました。

でもいざ歩いてみると、皆本堂さんが黙々と歩くペースについて行けず、何度か止まってもらいビンゴの目印を振り返りながら歩きました。(写真1枚目)

セブンに着いた時、本堂さんだけビンゴになっていなかったのですが、後藤さんが「この目印は有ったよ、これはあそこに有るよ」と教えてくれ、見事全員ビンゴ達成!(写真2枚目)

本堂さんがセブンで買った荷物を服部さんが「重そうだね、僕持つよ」とすすんで持ってくれました。(写真3枚目)
帰り道も本堂さんの好きな道で歩いてもらいましたが、西澤さんが「こっちの道じゃないですか?」と優しく教えてくれる一幕もありました。

これまで色々な行事を行ってきましたが、いつも全員参加し、助け合えるのがクレールのメンバーのとても良い所です!
これからもコロナに負けず、楽しく過ごしてくださいね!

クレール篠ノ井 赤澤
posted by 絆の会 at 16:57 | TrackBack(0) | 日記
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189425670

この記事へのトラックバック