2020年05月07日

一期一会の出会いを大切にしよう(おすすめの一冊シリーズ)

 
お笑い芸人カラテカ矢部太郎さんの、大家さんとの2人の日常を描いた、気持ちがほっこりする内容です。

1階には大家のおばあさん、2階には芸人の矢部さんが住む「ふたり暮らし」。一緒に旅行するほど仲良くなった大家さんとの「ふたり暮らし」がずっと続けばいい、そう思っていた――。

血のつながりもない、年齢もかけ離れた大家さんとの不思議で温かい日常に笑ったりしんみりしたり良い本でした。
人生とは、出会いだなと感じました。小学校の図書館でも人気の本だそうです。
活字が苦手な方にもオススメです。
(みらいコーポ稲葉 西川)

※家にこもることを余儀なくされる、こんな時なので、
おすすめの一冊があれば作者と出版元を書いて
ぜひ投稿してください。

投稿は以下メールアドレスまで
diary@kizuna-nagano.or.jp
posted by 絆の会 at 16:19 | TrackBack(0) | 日記
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187460191

この記事へのトラックバック