2020年07月14日

あんだんてより最新お弁当メニューのお知らせです。

7月も半ばになります。
いろいろなことがありますが、梅雨空の下
美しく咲く紫陽花に心が和みます。

23日、24日は祝日のためお休みします。
よろしくお願いいたします。
posted by 絆の会 at 18:19 | TrackBack(0) | 日記
2020年07月04日

つむぎミニ農園すくすく成長中!

a.jpg
昨年お花を育ててそのまま冬を越したプランター。今年はそこにきゅうりの苗を植えてみました。でも当然のことながら栄養不足で枯れる寸前のかわいそうな状況になってしまい、そこから慌てて肥料を入れてメンバーが頑張って水やりをしてきました。そのお世話が報われて、最近では毎日収穫できる成長ぶり!つむぎがお休みの日には水やりをして下さる大家さんにも、お褒めの言葉を頂きました。来館されたお客様も「プランターでこんなに立派なキュウリが採れるんですね」とびっくり。ただ、メンバーの皆さんは家で食べ飽きている人が多く、食べたいと言う人は少数…きゅうりの成長を楽しんでいるといった毎日です。

                             つむぎの家
                                井出
posted by 絆の会 at 21:40 | TrackBack(0) | 日記
2020年07月01日

山中静雄氏の尊厳死 著:南木佳士(おすすめの一冊シリーズ)

権堂のイトーヨーカ堂シネマ最後の上映で観て感動し、原作を読んでみました。

末期の肺がんと宣告された山中静夫は、自宅のある静岡から信州の病院を訪れる。医師の今井は、付き添う家族の負担を考慮し静岡の病院での治療を提案するが、山中はいずれ死ぬのなら故郷・信州の山を望む地で死にたいと願う。山中の希望をかなえようとする今井だったが、職業柄多くの死に直面してきた彼はうつ病になってしまう。

1993年の作品で、「尊厳死」という新しくもないテーマですが、齢80に近づいた僕にとって深刻で重たい問題に医師が正面から向かい合っていて、心を揺さぶられました。

(ボラ 青島洋祐)

※家にこもることを余儀なくされる、こんな時なので、
おすすめの一冊があれば作者と出版元を書いて
ぜひ投稿してください。

投稿は以下メールアドレスまで
diary@kizuna-nagano.or.jp
posted by 絆の会 at 21:58 | TrackBack(0) | 日記