2019年12月12日

リアンの大掃除

11069916609414.jpg11069916565859.jpg
ある日の昼下がり、リアン若里の利用者、職員で毎年恒例・年末大掃除を行いました。リビング、廊下といった共用スペース中心に各々分担して行います。

日頃、手の行き届かない所を中心に、雑巾で拭き、新聞紙で仕上げをし、窓やガラスもきれいになりました。
「うわぁ。。。」と驚くほど、汚れている部分もありましたが、見ないフリは出来ません!気合を入れて取り組んだおかげで、キレイになってスッキリ。

その後はお茶タイム。利用者さんからも、「短時間だったけど、みんなでやるときれいになりますね」「さっぱりしました」と感想も聞かれました。

これで清々しい気持ちで2020年を迎えられるといいです。

(リアン若里 西川)
posted by 絆の会 at 21:23 | TrackBack(0) | 日記

2019年12月10日

ある一日 〜就労から帰って〜

県庁・合同庁舎の食事の帰り道友達と壱番館で軽食を摂りました。とても美味しく感じました。

その後、携帯の着信音がならないので、私一人でドコモショップに出かけました。お金もなく、買い換えなければいけないのかなと不安に思いながら行きましたが、音量が0になっていただけで安心しました。

今日は、鼻水が止まらない。風邪の症状はない、花粉症かなと思いながら、食材を買って帰りました。

アパートに帰った途端に、私は買ってきた、ヨーグルト300グラム・ミカン6個・生ハム・コーヒーを食べてしまいました。空腹になるとお腹いっぱいになっても、あれもこれも食べたい気持ちが止まりません。この頃は就労をしている時、一人カラオケにはまっていますがその時も、恐ろしくあれもこれも食べたいと思ってしまいます。

今もお腹がすいてきました。あと一時間何も食べないで夕食にしよう。
(セルフィー平林 S.N)
posted by 絆の会 at 20:53 | TrackBack(0) | 日記

2019年12月09日

今年もやります!あんだんての特製ミートローフ

2019あんだんてクリスマスチラシ.jpg
もうすぐ、クリスマスがやってきます。クリスマスの準備は進んでいますか。
今年もあんだんてでは、特製ミートローフをクリスマス限定で販売致します。
ゆで卵をおからや野菜入りの豚肉で包んだボリュームたっぷりの商品です。
ブロッコリーやトマトと一緒にお皿に盛り付けると食卓が華やかになるので、クリスマスのパーティーやおもてなしにおススメです。

まだ食べたことがない方はもちろん、例年ご注文いただいている方も、今年のクリスマスは食卓にもう一品、あんだんての特製ミートローフを加えてもませんか。
(あんだんて 伊藤)
posted by 絆の会 at 20:28 | TrackBack(0) | 日記

2019年12月07日

あんだんてより最新お弁当メニューのお知らせ

bento2019121.jpg
いよいよ冬本番!雪が降りましたね!
寒さが厳しいですが、皆さんはいかがお過ごしでしょうか?
こんなに寒いと温かーいお鍋などを食べたくなりますね。
お鍋はお弁当ではご用意できませんが・・・、日々、栄養満点のメニューをお届けしています。
栄養バランスのとれた食事でパワーを補給して、冬を乗り切りましょう!

あんだんてでは、主菜、副菜ともに工夫を凝らしお弁当を作っております。
メニューのリクエストなどございましたら、ぜひお聞かせくださいませ♪

(あんだんて 志村)
posted by 絆の会 at 01:15 | TrackBack(0) | 日記

2019年12月06日

現在の被災地について

風19号の豪雨災害から1か月半が経ちました。最近は被災地の現状が全国ニュースにならず、県内ニュースですら影を潜めています。
しかし現状はまだまだ人手が足りず、現在も家屋の泥だしや被災物の片づけが行われています。そのため発災1か月半を過ぎても農地には未だ大量の泥や災害漂着物が堆積しており、農地復旧の手が追いついていない状況です。浸水地域はりんごやもも農家の方が多く、収入源であるりんごやももをいち早く救い出さないと、今後の生活再建に大きくかかわる問題となります。

そのため、「災害ボランティア」のほかに、11/18から「農業ボランティア」が本格的に始動しました。
現在りんごは粘土質の泥に埋まっていますが、漂流物があちらこちらにあり、木の上の手が届かないところにもコンテナなど漂流物が引っかかっています。農道のためか軽トラックがやっと一台通れるだけの細い道やりんごの木は折れているところもあり、重機はなかなか入ることができません。
枝が折れ、泥水を被ったりんご


(枝が折れ、泥水を被ったりんご)





そのため、人海戦術でりんごの根元の泥を取り除き、息ができるようにします。
半径1m半から2mぐらい泥を取り除く


(半径1m半から2mぐらい泥を取り除く)





場所によっては未だにぬかるんでおり、深いところでは20cmほど掘り返す重労働です。5人一組になって作業しても、1日に10本程度しか取り除けません。木が折れ、弱っている木もありますが、苦しい環境で頑張っている木がまだまだたくさんあります。泥を取り除くと、ミミズがたくさん這い出てくるような良い土が見えます。本格的な冬を前に、農地もいち早く救い出さなければなりません。
災害ボランティア、農業ボランティア、一刻を争う状況です。義援金でも、救援物資でも、どんな形であっても、自分にできること、考えることをやめず、今一度被災地へ目を向けてみてほしいと強く感じました。
(事務局 丸山)
posted by 絆の会 at 23:53 | TrackBack(0) | 日記